Interview: drummer, percussionist, pianist and composer Jack DeJohnette, Part 1

Newport Jazz Festival

Jack DeJohnette is an American drummer, percussionist, pianist and composer who has worked with Miles Davis, Sonny Rollins, Bill Evans, Betty Carter and Stan Getz, among many, many others. In fact, the list of jazz greats DeJohnette hasn’t played with is much shorter than the list of his collaborators.

DeJohnette was in Tokyo recently with pianist Keith Jarrett and bassist Gary Peacock on the 30th anniversary tour of their Standards Trio, but for most of his career, he has ranged far and wide across the jazz spectrum, and in 2009 won a Grammy Award for Best New Age album, with Peace Time.

This year, DeJohnette’s longtime record label, ECM, released a box set collecting the first four albums of his ‘Special Edition’ band, recordings that date from 1979 to 1984, and the most recent album released by the Standards Trio is ‘Somewhere’, recorded live in Lucerne in 2009.

ドラマーであり、パーカッショニスト、ピアニスト、そして作曲家として活躍する、アメリカ人ドラマーのジャック・デジョネットは。

マイルス・デイビス、ソニー・ロリンズ、ビル・エバンス、

ベティ・カーター、そしてスタン・ゲッツなどなど、数多くのミュージシャンと演奏し、偉大なジャズメンで共演していない方が少ないといわれています。 

今回は、ピアニストのキース・ジャレット、ベーシストのゲイリー・

ピーコックとのスタンダーズ・トリオ結成30周年のツアーで来日。

その活動はジャズの枠を越え、2009年には、アルバム「Peace Time」でグラミー賞ベスト・ニューエイジアルバム賞を受賞しています。

 長年に渡りデジョネットのアルバムをリリースしてきたレーベルのECMは

今年、1979年から1984年に録音された4枚のアルバムをセットにしたコレクターズ・ボックスをリリース。また、スタンダーズ・トリオの最新アルバムは、2009年にスイスのルツェルンでレコーディングされたアルバム「Somewhere」となっています。

In addition to the options below, you can subscribe to the podcast via iTunes (the link is here).

This entry was posted in Music, Podcast and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.